星空 - 宇月幸成さん


いつものように 本を読み終わり
私は窓を開け 夜の星空を見上げる

星たちが輝く夜空を見ながら 思い浮かぶのは
あなたの星のように輝いた笑顔

まるで星のようなあなたに 私はどうして届かないのだろう?
どうして振り向いてもらえないのだろう?

あなたは私のことをどう思っているの?

あなたのことを考えただけで 胸が苦しくなる

明日もまた こうして夜の星空を見るだろう

そのたび 私はあなたを思い浮かべる

この夜空に輝く星のようなあなたを


TOPへ
inserted by FC2 system